MENU

歯を白くしたい

歯が黄ばんでいたり、煙草のヤニで汚れていると見た目の印象が悪くなりますよね。 そのため多くの人が白くてきれいな歯に憧れます。 しかし、毎日歯磨きをしていても黄ばんでしまうのが普通です。 どうしたらキレイな白い歯になるのでしょうか?


歯を白くてキレイな状態にするには、黄色く汚れたり黒ずんでしまう原因を取り除くことが大切です。 歯の黄ばみや黒ずみができる原因はステインという着色汚れです。 テレビCMなどでステインを除去する歯磨き粉などの宣伝をしているので、ステインということば自体は聞いたことがあると思います。 しかし、そのような歯磨き粉を使ってもなかなか白くならないという経験をした方も多いでしょう。

歯を白くするにはステインを除去しなければいけない

歯を白くするには黄ばみの原因であるステインを取り除くことが必要です。 しかし歯磨きをするだけではステインを除去するのは難しいです。


ドラッグストアなどではステインを除去するという歯磨き粉が数百円ほどで売っていますが、それを使ってもあまり効果がないのが実情です。 なぜかというと、そのような安価な歯磨き粉には研磨剤が入っているからです。 研磨剤が入っていると歯のエナメル質を削ってしまいます。 一度はステインを落として綺麗になりますが、エナメル質に傷がつくとそこに汚れが溜まりやすくなるので黄ばみができやすくなるからです。 エナメル質は歯を守る働きがあるので、それを削ってしまうと虫歯の原因にもなります。 毎日一生懸命に磨いても虫歯になったり黄ばんでしまうという場合は、磨きすぎてエナメル質を傷つけているかもしれません。


歯を白くきれいな状態にするには、研磨剤を使ってはいけません。 研磨剤だけでなくスクラブもあまり良くありません。 最近になってスクラブの悪影響が報道されるようになってきました。 実は、スクラブはプラスチックからできています。 歯や歯ぐきの隙間にはさまってもプラスチックなので溶けることもなく、そのまま溜まり続けてしまい悪影響を及ぼすのです。 では、歯を白くするにはどうしたら良いのでしょうか?

歯を白くする方法

歯を白くするにはエナメル質を傷つけずにステインだけを取り除くことが必要です。 そのような方法をホワイトニングと言います。 ホワイトニングには大きく分けて3種類あります。
・オフィスホワイトニング
・ホームホワイトニング
・ホワイトニングジェル

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは歯科医院で行うホワイトニングです。強い薬剤を使って歯をクリーニングします。効果が高く1度クリーニングするだけである程度白くなります。刺激が強いため痛みを感じることもあるため、虫歯がある場合はできません。ホワイトニングより虫歯の治療を先にしなければいけません。費用がとても高く、1回で数万=十万円以上かかります。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは自宅で行うホワイトニングです。最初に歯科医院へ行ってマウスピースを作ってもらいます。そのマウスピースを家で使ってホワイトニングをします。ホワイトニング用の薬剤をマウスピースに塗って、歯にはめて行います。オフィスホワイトニングよりも弱い薬剤を使うので、効果が出るまでに2週間ほどかかります。刺激もあるため、人によっては痛みを感じることもあります。費用は1度で数万円となります。 最近では虫歯治療で歯医者に行くと、ホームホワイトニングをすすめられることが多くなってきました。それだけ歯医者さんにとって稼げるからなのでしょうか?

ホワイトニングジェル

自宅でケアできるのでホームホワイトニングの一種ですが、分かりやすいようにホワイトニングジェルとします。 ホワイトニングジェルは、歯ブラシに塗って歯を磨くだけでホワイトニングできるアイテムです。普通の歯磨き粉と違い、ステインを浮かせてはがす成分が入っています。オフィスホワイトニングやホームホワイトニングよりも弱い成分なので、効果がでるまでに1ヶ月ほどかかります。刺激がほとんどないので安心して行えます。費用は3千円ほどから始められます。筆者はお手軽にできるホワイトニングジェルをおすすめします


筆者も使っているホワイトニングジェルはこちら

ホワイトニングジェルがおすすめの理由

費用が安い

ホワイトニングジェルをおすすめする理由は、何と言ってもコストが安いことです。 オフィスホワイトニングなら1日である程度の効果が期待できますが、ちょっと料金が高すぎて、気軽に試すことはできません。 また、刺激が強いので虫歯を治療してからでないと出来ないということもあります。 マウスピースを使うホームホワイトニングもオフィスホワイトニングほどではないですが料金が高いです。 それに、マウスピースをしている間は飲食ができませんし、会話もしにくくなります。

白さをキープできる

オフィスホワイトニングもホームホワイトニングも一度クリーニングをしたからといって、ずっと白さが続くわけではありません。 時間がたつと再び黄ばんできます。ある程度時間がたったら、また元の状態になりホワイトニングが必要になります。 ホワイトニングするときは、また高額な費用が発生します。 芸能人の歯が白いのは、定期定期にオフィスホワイトニングをしているからです。一般の人には費用がかかりすぎて現実的ではありませんね。

しかし、ホワイトニングジェルなら値段が安いですし、刺激が弱く安全な成分で作られているので、使い続けることができます。 そうするとずっと白い状態をキープできるのです。


逆にホワイトニングジェルのデメリットとしては、効果がでるまでに1ヶ月ほどかかることです。種類によってはもう少しかかるかもしれません。 すぐに白くしなければいけないのであれば、オフィスホワイトニングやホームホワイトニングしかないのですが、そうでなければ総合的に考えてホワイトニングジェルをおすすめです。


筆者も使っているホワイトニングジェルはこちら

おすすめのホワイトニングジェルはこれ

ホワイトニング用のジェルや歯磨き粉は多くの種類が発売されています。 その中でもおすすめなのはこちらのホワイトニングジェルです。 私も使っているのですが、他のホワイトニングジェルとの違いは厚生労働省に認定された医薬部外品ということです。薬用ちゅらトゥースホワイトニングというホワイトニングジェルですが、そのおすすめポイントを3つだけ紹介します。

歯を傷つけずに白くする

ちゅらトゥースホワイトニングは歯のエナメル質を傷つけるような研磨剤やスクラブは不使用です。 ポリアスパラギン酸を配合しているので、黄ばみ汚れの原因であるステインだけを浮かせて落とします。 さらにビタミンCとリンゴ酸を配合し、再び汚れがつくのを防ぎ、歯ぐきを健康にする効果があります。

虫歯予防もできる

ほとんどのホワイトニングジェルは、歯を白くする成分しか入っていませんが、ちゅらトゥースは新規成分GTOを配合。 研究によりGTOは虫歯リスクを格段に下げることが分かっています。 ホワイトニングと同時に虫歯予防が可能です。

厚生労働省が認可した医薬部外品

歯を白くする、虫歯を予防する、口臭予防、歯周病予防といった効果が厚生労働省により認められている医薬部外品です。 様々なホワイトニングジェルがありますが、その中でも医薬部外品となっている数少ない商品です。


これらの理由でちゅらトゥースホワイトニングがおすすめです。


おすすめ度No.1のホワイトニングジェルはこちら