歯が黄色くなる原因

MENU

食べ物による歯の黄ばみ

食べ物が原因で歯が黄色く汚れることがあります。例えば、コーヒーやお茶を良く飲むと黄色くなると言われています。しかし、実際の所、そのような色の濃い飲み物を飲まなくても黄ばんでくるという人も多いのではないでしょうか。通常の食事でも歯の黄ばみの原因とります。これはステインと呼ばれる着色汚れです。ステインを除去することで歯が白くなります。

タバコのヤニ

タバコを吸う人は、吸わない人よりも歯が汚れやすいです。これはタバコのヤニによる汚と言われますが、このヤニもステインになります。タバコに含まれるタールがステインとなって歯に定着しているため黄ばんで見えます。この場合もステインを取り除くことで歯が白くなります。

加齢によるクスミ

年齢を重ねると歯の表面のエナメル質が削れていきます。そうするとエナメル質の下に隠れていた象牙質が徐々に見えてくるようなり、くすんで見えるようになります。歯を磨くときに、力を入れ過ぎたり、研磨剤の入った歯磨き粉を使うとエナメル質に傷がつくので注意しましょう。

虫歯や歯石

歯が虫歯になったり、歯石がたまると汚れて見えます。この場合、歯科医で虫歯を治療してもらったり、歯石を除去してもらうことになります。