虫歯が出来る原因

MENU

虫歯の原因となる歯垢

虫歯ができる直接的な原因は虫歯菌が作り出す酸です。酸が歯のエナメル質を溶かすことで虫歯が進行します。

虫歯菌はいくつかありますが、ミュータンス菌がよく知られています。ミュータンス菌は糖を分解してグルカンスクラーゼ(グルカン)という酵素を作ります。このグルカンスクラーゼが、歯の表面にくっつくとそこに細菌が集まり歯垢(プラーク)を形成します。そして、歯垢の中の細菌が、食べ物に含まれる糖分から酸をつくり出し、歯を溶かしてしまいます。

ちなみに、酸がエナメル質を溶かすことを脱灰と言います。

歯磨きでむし歯予防

やはりむし歯予防の中心となるのは歯磨き(ブラッシング)です。磨き残しが無いように丁寧に磨くことが大切です。歯垢ができないように、毎日ブラッシングをしましょう。しかし、一度歯垢が出来てしまうとブラッシングだけで取り除くことは困難です。出来てしまった歯垢は、歯科医院でクリーニングを受けることで除去できます。

フッ素でむし歯予防

ミュータンス菌の活動を抑える成分にフッ素があります。 フッ素には歯の再石灰化(歯にカルシウムを戻すこと)を促す働きもあります。 フッ素は市販の歯磨き粉などにも配合されています。 歯科医院でもフッ素を塗布するケアを行っています。 しかし、フッ素による健康被害も報告されているので、過剰にフッ素を使うのは注意が必要です。